甘酒の美容効果が凄い?美容に良いという噂に踊らされていませんか?

甘酒の美容効果が凄い?美容に良いという噂に踊らされていませんか?

ここ数年、テレビや雑誌で甘酒は美容に良いというので、コンビニやスーパーなどでも様々な甘酒が売られていますが、どうやら誇張されすぎなようです。


甘酒は古来から日本人に飲まれている伝統飲料

皆さん、甘酒ってどういう時に飲みますか?大半の人は、お正月に神社などで振る舞われるのを飲む位ではないでしょうか?

お正月などで飲む飲み物って感じなので、『甘酒=冬の飲み物』ってイメージですよね!甘酒の起源は古墳時代(3世期~7世紀)と言われており、江戸時代には「甘い・甘い・あ〜ま〜ざ〜け〜」などの文句で甘酒を売り歩く行商が多く、これにより俳句において夏の季語となったそうです。

甘酒は栄養が豊富で体力の回復に効果的だったため、夏の栄養ドリンクとして江戸の庶民に親しまれてきたそうです。また、老若男女関係なく、全ての庶民が飲めるように、販売価格は最高でも4文(もん)=現代価値にして80円程度に価格制限をしていたそうです。

こちらは「江戸と東京 風俗野史」という文献による、「甘酒売り」の姿です。お米を柔らかく炊いてお酒を造るため、お釜を携えて商いをしています。

「近世風俗史(1)」という資料によれば、京都や大阪ではもっぱら夏の夜、甘酒を売っており、鉄の釜を用いて売り歩いていたそうです。昔は、寒い冬の夜のみ売っていたのが、少しずつ暑い時期にも売り始め、日中の商いも増え始めたのだとか。

また、先の「江戸と東京 風俗野史」では、江戸では最初、同じく寒い夜に売っていたのが、季節に変わりなく売るようになり、暑い日のお昼にも売るようになったことが記されています。それだけ、江戸時代の人々にとって甘酒は身近なものであり、なおかつ、夏に飲む「甘酒」には、暑い夏の日中を乗り切る、滋養強壮の効果のある飲み物として普及していったことが想像できます。

甘酒は2種類あります

甘酒には、酒粕(さけかす)から作る甘酒と、米麹(こめこうじ)から作る甘酒がありますが、今回取り上げるのは、美容に良いと言われている米麹の甘酒に焦点を当てていきます。

怪しい噂その① 甘酒には麹由来成分のコウジ酸が含まれていて、美白効果が抜群♪

と、よく謳われていますが、いくら探しても甘酒にコウジ酸がどれだけ含有されているか書いてある文献が見当たりません...。これだけ謳われているのであれば、コウジ酸がどれだけ含有されていて、それがどう美白に影響するのかすぐに見つけられると思っていたのですが、いくら探しても全く見当たりません。

1. コウジ酸について
 コウジ酸(Kojic acid)は、味噌、しょう油等の製造に用いられる麹菌(Aspergillus属等)を培養して得られる抗菌作用を持った物質である。コウジ酸は、メラニン生合成関連酵素「チロシナーゼ」を阻害する作用により、カニやエビなど甲殻類の黒変防止、抗菌作用等の用途で、甲殻類、生麺、餃子の皮、加工用原料野菜等に添加物として使われていた実績がある。

『メラニン生成を阻害する=美白』という所から来ていると思いますが、厚生労働省の食品衛生審議会の文献で面白いものを見つけました。

食品中のコウジ酸について
 麹菌を用いて製造される、味噌、しょうゆ、酒等の食品について文献収集および実際市販されている製品の分析を行った。(別添11-1:平成14年10月報告、別添11-1(追加)、11-2:平成14年11月報告)
 文献によると、製麹時にコウジ酸が産生されたとしても醸造中に微生物、酵素などの影響により分解されるため、最終製品中にコウジ酸が残存する可能性は少ないと報告している。
 食品中に含有されるコウジ酸含有量の調査として、味噌30検体、しょう油30検体、酒29検体について調査したところ、味噌1検体からは0.5ppm検出されたものの、その他の検体からはコウジ酸は検出されなかった(検出限界:味噌、しょう油 0.5ppm、日本酒 0.2ppm)。

この文献を見る限り、甘酒にコウジ酸なるものは含まれていないに等しいと思っていた方がいいでしょう...。それに、コウジ酸がそんなに美容に良いのであれば、『飲むコウジ酸』なんて物があってもよさそうですが、そういうドリンクは売っていません。もしどうしてもコウジ酸を取りたいなら、手作りのお味噌を作って摂取する方が可能性が高いかもしれません。

怪しい噂その② 酒造で日本酒を作っている社氏(とうじ)は手がとても綺麗!!

杜氏(とうじ、とじ)とは、日本酒の醸造工程を行う職人集団、すなわち蔵人の監督者であり、なおかつ酒蔵の最高製造責任者をいう。

直接米麹を触っているので、綺麗な可能性は高いですよね!実際に、麹を触った後はとても肌がしっとりとしているそうです。ただし、直接麹菌を触っているから触った直後はしっとりとしているそうですが、実際は水仕事なので手荒れがとてもひどいそうです。

冬の乾燥した時期にこのような作業を繰り返していると、もはやあかぎれでは言い切れないくらい手が荒れてしまいます。
それでもハンドクリーム等はお米やお酒についてしまうといけないのでぬる事ができません。
ですから痛みをこらえながら作業をしていることが多々あります。最近は極力手が荒れないようゴム手袋やビニールの手袋をはめて作業にあたりますが、最終的には手袋が煩わしくなり結局手は荒れてしまいます。

お酒を作っている杜氏で毎日日本酒を飲んでいる方はお肌が綺麗な方が多いそうなので、できたての生酒を毎日飲んだらお肌が綺麗になるかもしれません。

怪しい噂その③ 甘酒は飲む点滴だからすごい!

点滴に対して、過大な期待をよせていることが多いようですが、通常外来で行われる点滴に含まれるカロリーは100キロカロリー程度で(200キロカロリーにしてあるものもあります)、缶ジュース1本分にすぎません。
 カロリーをあげるためには、糖の濃度を上げなければならないのですが、糖の濃度を上げると血管炎を起こして血管をダメにしてしまうのです。点滴の中身はイオン飲料に近いものですから、吐いて下痢をしているような場合で、イオン飲料も飲めないような場合には非常に有効な治療手段となりますが、点滴はご飯の代わりにはなりません。それでも点滴を受けたら元気がでたと言うときには、心理的効果も含まれているように思います。

点滴は栄養補給ではなく水分補給が目的であるということ。

『点滴=水分補給』であるので、初めに飲む点滴と名付けた人は、『点滴=栄養補給』と勘違いされていたのだと思います。甘酒も水分が入っていますので、そこだけ取り上げれば間違いではありませんが、別に甘酒ではなくてスポーツドリンクでいいのです。

怪しい噂その④ 甘酒は栄養豊富で健康に良い!

甘酒には皮膚を健康に保つビオチンが含まれているので、飲むだけでお肌が綺麗に!美肌効果が期待ができ、栄養も豊富なので健康に良いです!また、甘酒に含まれているパントテン酸はビタミンCの働きを助け、コラーゲンの生成を促進し、紫外線のダメージからお肌を守ってくれます。と色んな所で書かれているので、文部科学省の食品データベース等を使って栄養を調べてみました。

甘酒一缶(190g)と生卵一個(51g)の成分表

成分 甘酒一缶(190g) 卵一個(51g)
エネルギー(kcal) 154 91
水分(g) 151.4 45.7
たんぱく質(g) 3.2 7.4
脂質(g) 0.2 6.2
炭水化物(g) 34.8 0.2
ナトリウム(mg) 114 84
カリウム(mg) 27 78
カルシウム(mg) 6 31
マグネシウム(mg) 10 7
リン(mg) 40 108
鉄(mg) 0.2 1.1
亜鉛(mg) 0.6 0.6
銅(mg) 0.10 0.05
βカロテン当量(μg) 0 10
ビタミンA(μgRAE) 0 90
ビタミンD(μg) 0 1.1
ビタミンE(mg) 0 0.6
ビタミンK(μg) 0 8
ビタミンB1(mg) 0.02 0.04
ビタミンB2(mg) 0.06 0.26
ナイアシン(mg) 0.4 0.1
ビタミンB6(mg) 0.04 0.05
ビタミンB12(μg) 0 0.5
ビタミンB12(μg) 0 0.5
ビオチン(ビタミンB7)(μg) 0 25.4
パントテン酸(mg) 0 0.87
ビタミンC(mg) 0 0
飽和脂肪酸(g) 0 1.70
n-3系多価不飽和脂肪酸(g) 0 0.10
n-6系多価不飽和脂肪酸(g) 0 0.89
コレステロール(mg) 0 252
食物繊維(総量)(g) 0.8 0
食塩相当量(g) 0 0.2


出典:文部科学省食品データベース・グリコ栄養成分ナビゲーター

圧倒的に卵一個の方がビタミンとミネラルが豊富だった!!!

パントテン酸どこ!?
甘酒には美容に良いと色んな所で言われているビオチン入ってないし!!/(^o^)\


甘酒が卵に優っている所と言えば、カロリーと炭水化物、ナトリウム、銅、ナイアシン、食物繊維位。

怪しい噂その⑤ 甘酒には便秘改善やダイエット効果がある!

甘酒は新陳代謝を促進させるビタミンB群が豊富でダイエットにも効果的!植物繊維が豊富なので飲むだけでダイエットや便秘効果もあると言われています。

その理由としては『植物繊維やオリゴ糖が腸内環境を整えて腸の働きを良くし、便秘が解消されます』また『脂質の代謝を促進するビタミンB群が豊富で脂肪の燃焼が活発になる効果があります』
と書いてあります。


もう一度上の表を見て下さい。
ビタミンB群は圧倒的に卵の方が多いですし、一缶飲んだらカロリーが154kcalです。ダイエットと便秘、お肌の栄養もろもろを考えたら、目玉焼きにキャベツの千切り50gを添えた方が、カロリーの摂取量と食物繊維は同じくらいになり、甘酒よりも圧倒的に多いビタミン、ミネラルを補給できます。ちなみに、キャベツの千切り50g(12kcal)には、約1gの食物繊維が入ってます。

まとめ

ここまで、さんざん甘酒の事をディスってきましたが、私は甘酒結構好きです。(笑)

美容に凄い、ダイエットに良いと色んな所に書いてあるので、実際はそんな事なさそうだよという事を伝えたくてまとめにしてみました。ただ、栄養価は決して悪い物ではありませんので、手軽に水分補給や栄養補給ができる事を考えると、とても良い飲み物だと思います♪甘酒は、その独特な風味が苦手という人もいるので、美容などで無理して飲んでいるような人は卵を一個食べた方が圧倒的に効果ありますよ♪

このまとめのキュレーター

真面目なものからネタものまで、自分が気になったものをまとめています♪基本的に文字数多いですが、お読みいただけると嬉しいです♪

関連する投稿


無理なく目に見えて痩せる♡エステサロンのキャビテーションの効果とは?

無理なく目に見えて痩せる♡エステサロンのキャビテーションの効果とは?

美容整形の脂肪吸引は痛みやダウンタイム、金額、リスクを考えると気軽にやろうとは思えず勇気がいりますよね。どうしても脂肪吸引をしなければいけない特別な理由が無ければ、エステサロンの「切らない脂肪吸引」と呼ばれる施術を是非お試し下さい♪


【コラム】わたしエステとか綺麗になる事に興味がないんですよね!

【コラム】わたしエステとか綺麗になる事に興味がないんですよね!

みなさん、エステサロンは行ったことありますか?上辺だけの美しさではなく、根本の体質から改善し、年齢にまけない綺麗な体作りをするのがエステサロンです。まだエステに行ったこともない方も、行ったことがある方も、さらにエステに興味を持って頂ければと思います。


「水+ハチミツ=美」の新常識!ハチミツ水で簡単キレイ!

「水+ハチミツ=美」の新常識!ハチミツ水で簡単キレイ!

水は体にいいと言われていましたが、そこにハチミツを加えると美容効果がアップするんです! いつものお水にハチミツを加えるだけなのに様々な効果が期待できるんです!


太るイメージは間違い!?チーズを食べていいこといっぱい♡

太るイメージは間違い!?チーズを食べていいこといっぱい♡

チーズは生乳からできているので、食べると太ると思っていませんか? ダイエット中にも食べていい理由をお教えします!


おかゆを食べるメリット!風邪の時じゃなくても食べたい♡

おかゆを食べるメリット!風邪の時じゃなくても食べたい♡

風邪のときじゃなくてもお粥は食べるといいことがいっぱい!ご飯が好きだけど太りたくないって人にもおすすめ!


GIRRRYで記事を書いてみませんか?

最新の投稿


流行遅れのダメウーマンになってない?2017SSトレンド3選

流行遅れのダメウーマンになってない?2017SSトレンド3選

まだ春服買ってないなんて、ダメウーマンになってない? 今からでも遅くない! 今年の春夏最旬トレンドをご紹介いたします!


裸が一番のファッション⁈「YOKO FUCHIGAMI」が今アツイ!!

裸が一番のファッション⁈「YOKO FUCHIGAMI」が今アツイ!!

トータルファッションデザイナーとして最近注目の「YOKO FUCHIGAMI」をご存知ですか? 彼女のずば抜けた(?)ファッションセンスがすごいと話題に! 今回はそんな「YOKO FUCHIGAMI」について徹底解剖します!


グレーのリブニットで落ち着いた雰囲気♡長く使えるアイテムでコーデ!

グレーのリブニットで落ち着いた雰囲気♡長く使えるアイテムでコーデ!

グレーのリブニットは色合いやデザインが大人っぽく、落ち着いた雰囲気を与えてくれます。また、年代問わず使えるので長く活用していただけます♡そんなリブニットをご紹介します♡


白のリブニットで爽やかコーデを目指す!どんなボトムスともマッチ♡

白のリブニットで爽やかコーデを目指す!どんなボトムスともマッチ♡

白のリブニットを使って爽やかなコーデを完成させましょう♡白はどんなボトムスとも相性が良いのでおすすめです!


黒のリブニットでコーデをレディに!引き締め効果も抜群♡

黒のリブニットでコーデをレディに!引き締め効果も抜群♡

黒のリブニットを使ってコーデを大人レディに仕上げましょう♡また、黒はどんなコーデにも取り入れやすいので、持っておくと便利なアイテムです。